歯の治療あれこれ

治療あれこれ歯医者さんで受ける治療といっても、むし歯治療もあれば、歯周病治療もある。
歯並びを治す、矯正治療もある。

たとえば、むし歯治療といっても、症状によってさまざま。
つめものやかぶせ物も保険適用から保険適用外の素材というようにいろいろある。
保険外で入れる歯は、歯医者さんによって金額もまちまち。
自由診療だから???金額設定って、どのようにするのかな?

つめものとかぶせ物の種類

つめものとかぶせ物には、保険適用、保険適用外がある。

▼つめもの(インレー)…むし歯の治療後に歯に詰めるもの。

●金銀パラジウム合金/銀合金…保険適用
一般的に保健治療で使用されている金属。強度はあるが、銀色なので目立つ。
金属アレルギーを起こすことがある。

●セラミック(陶材)…保険適用外
他の歯と色を合わせることができる(審美性に優れている)。

●白金加金…保険適用外

●ゴールド…保険適用外

▼かぶせ物(クラウン)…歯を小さく削った上やコア(土台)を立て人工の歯をかぶせること。

●金銀パラジウム合金/銀合金…保険適用
一般的に保健治療で使用されている金属。強度はあるが、銀色なので目立つ。
金属アレルギーを起こすことがある。

●硬質レジン…部位によって保険適用
長い間に磨耗や変色の起こる場合もある。他の歯と色を合わせたりすることはできない。

●メタルボンド…保険適用外
オールセラミックではなく、内側に金属を使用するかぶせもの。
強度に優れているのでブリッジなどに適している。

●オールセラミック(陶材)…保険適用外
すべてセラミックでできているかぶせもの。他の歯と色を合わせることができる(審美性に優れている)。
1本10万円前後する(歯科によって違う)。

●白金加金…保険適用外

●ゴールド…保険適用外

麻酔について

麻酔について私が歯医者さんで受ける処置の中で、「嫌い・怖い」と思っているもののひとつに「麻酔」がある。

麻酔は、神経を一時的に麻痺させ、処置を痛みのない状態で行うためのもの。一定の時間が経過すれば、もとの状態に戻る。

歯医者さんで使われている麻酔は「局所麻酔」と「表面麻酔」が一般的。1本の歯を治療する場合、知覚神経の末端を麻痺させるために「浸潤麻酔」を行う。よく歯医者さんが「浸麻ください〜」って言っているの聞かないですか?私はひどいむし歯が多かったので、麻酔を打つことが多く、よく耳にしてました(汗)。

一度に多くの歯を治療する場合や抜歯などをする場合は、「伝達麻酔」を行う。

粘膜に麻酔剤を塗布する麻酔を、「表面麻酔」という。表面麻酔をすることで、注射針を刺す時の痛みや、粘膜の簡単な処置をする時の痛みを軽減できる。私は「浸潤麻酔」を行う前に、いつもこの「表面麻酔」をしてもらっていました。実際のところ、注射針を刺す時の痛み・・・ん〜〜微妙かな(笑)。

その他、「吸入鎮静法」というものがある。歯科治療に対する不安や、恐怖、緊張感を取り除いたり、治療時の痛みや不快感などを緩和して落ち着いて治療が受けられるためのもの。低濃度の笑気ガスを吸入させる方法。意識がなくなることはない。また、完全な無痛状態にはならないので、局所麻酔を打つ場合もある。鼻がつまっていたり、呼吸器に疾患のある場合はこの「吸入鎮静法」は受けられないようだ。歯医者さんが怖くて苦手で、むし歯がたくさんあるのに治療にいけないという人は、この「吸入鎮静法」が受けられる医院を探してみては?

歯科治療あれこれ(歯科治療に関することをまとめてみました。)

●差し歯

むし歯が神経まで進んでしまった場合や歯が大きくかけてしまった場合の治療方法。神経の治療をした後、歯の根の部分に土台(コア)を入れ、その上に人工の歯をかぶせる。

●ブリッジ

歯を失ってしまった場合(通常続けて1〜2本)、その両隣の歯がしっかりしている場合の治療方法。咬む力もある程度回復できる。両隣の健康な歯を削らなければならないのがデメリット。

●部分入れ歯

取り外しができる。ブリッジのように、両隣の健康な歯を削らなくても済む。咬む力が弱い、不安定、多少違和感を感じるなどがデメリット。

●総入れ歯

部分入れ歯よりもさらに咬む力が弱くなり、食感もあまり楽しめないのがデメリット。

●インプラント

歯の根から失ってしまった場合に、人工歯根となる金属を骨に埋め込み、骨と結合させ、その上からかぶせものをつける方法。安定がよく、健康な歯を削る必要もない。また、咬む力もあり、天然の歯と同じ食感が楽しめる。保険外治療なので、治療費がかかることがデメリット。

●ホワイトニング

汚れてしまったり、変色してしまった歯を、元の白い歯に戻す治療。歯を削ることなく白くできる。

●顎関節症

顎が鳴る、口が大きく開かない、顎が痛むなどの症状が出る。原因は生活習慣や、姿勢、食べ物などにあるとされている。咬み合わせを少し調整するだけで治る場合もある。上記の症状がある場合は、早めの診察を。

●歯列矯正(矯正治療)

矯正装置で、歯に一定の力をかけて人工的に動かし、悪い歯並びや咬み合わせを治す治療方法。原則として自費。ただし、唇顎口蓋裂や顎変形症といった、特定の疾患の場合は、保険適用される場合がある。[ 矯正治療についてはこちらから ]

●外科矯正

矯正装置だけでは治らない、咬み合わせ(受け口・出っ歯など)を外科手術によって治す治療方法。

●口臭

歯医者さんには、口臭専門の外来を設けているところもある。

●歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしり対策として、歯医者さんでマウスピース(ナイトガード)を作ってもらう。咬み合わせを調節してもらう。

歯科治療いろいろメモ

* 健康保険を利用した診療のことを「保険診療」
* 健康保険を使わないで治療をうけ、すべての治療費を自費で支払うこと「自由診療」
* 前歯を差し歯やブリッジにする際、保険を使って白い物にできるのは、「1番〜3番までの歯」

ご案内

イチオシ歯科用品専門店
歯のエステ館イチオシの歯科用品専門ショップは「お口の専門店」。
種類も豊富で、価格も安く、お店の方の対応も◎。

歯について

デンタルケア用品

目的別デンタルケア用品

デンタルケア用品を比較

デンタルケア特集コーナー

オススメ!

リンク

歯の黄ばみ。気になりだしたら…
ホワイトニングのホワイエッセンス
全国の歯医者・歯科で輝く白い歯!

歯のエステ館

スポンサードリンク


スポンサードリンク