矯正治療

矯正治療や外科矯正について。治療の流れや費用などを簡単にまとめてみました。

歯並び・かみ合わせ

歯並び・かみ合わせかみ合わせってすごく大事。私は…きれいに正中合ってない。
少しずれているんだぁ…。
歯並びやかみ合わせが悪いと、見た目が悪いばかりでなく、健康面にも悪影響を及ぼすよ。
むし歯や歯周病、顎関節症、肩こり、腰痛、歯ぎしり、いびきなどは、歯並びやかみ合わせが原因の場合があるから、気になることがあったら歯科・矯正歯科にGO。

あなたのかみ合わせはどう?
前歯できちんと食べ物をかみ切ること、できるかな?

矯正治療について

矯正治療は年齢に関係なくできます。矯正治療は年齢に関係なくできます。
最近では大人になってから矯正治療をする方も増えています。
透明なブラケットで治療をすれば、あまり目立たないし、舌側矯正もあります。
逆に、目立つようにおしゃれにカラーゴムを使って楽しんでいる方もいます。
また、矯正治療には、かみ合わせ(出っ歯や受け口など)を外科手術で治す「外科矯正」というものもあります。
外科矯正は、認可された医療機関(育成医療機関・顎口腔機能診断施設)での治療であれば保険も使えます。
最近では「外科矯正」に関するサイトがたくさんアップされています。
かみ合わせで悩んでいる方は、ぜひ「外科矯正」で検索してみてください。

矯正治療の流れ

1.予約

自分が診察を受けたいと思える医院が見つかったら、メールや電話で予約をとります。予約をした場合は必ず医院に行きましょう。無断で予約日に行かないなどはとても失礼です。予約日にどうしても行けない場合は、必ず連絡するようにしましょう。

2.初診・相談

自分の悩みや希望、費用など知りたいことなどはこの時点でよく先生と相談したり、お話したりしましょう。医院によっては、初診・相談無料のところもあるようです。何軒かの医院に相談するのもいいでしょう。いろいろな意味で、自分に合った医院を探すことが大切ですよ。

3.精密検査

初診・相談が終わり、もし診察を受けた医院で治療を始めようと思えたなら、精密検査を受けます。精密検査は、レントゲン、写真撮影、歯型の採取などを行います。

4.治療計画の説明

精密検査の結果をみながら、これから始まる矯正治療についての治療計画の説明を受けます。説明の中で、自分が疑問に思ったことは遠慮なく先生に聞きましょう。説明を受け、自分自身が納得したら矯正治療のはじまりです。

5.ブラッシング指導・口腔内清掃・むし歯治療・抜歯(必要ならば)など

治療計画が決まったら、まずブラッシング指導・口腔内清掃・むし歯治療・抜歯(必要ならば)などを受けます。抜歯が必要な場合、もしその医院で抜歯処置ができればいいですが、他の医院へ行かないと行けない場合がほとんどです。普段自分が通院している一般歯科医院があればそちらへ行って抜歯をすればいいし、なければ矯正歯科で医院を紹介してくれます。

6.装置装着

むし歯治療や抜歯(必要ならば)などが終わったら、いよいよ装置装着です。医院の方針や患者さんの症状によって、装置は上下いっしょに装着したり、片方ずつ装着したりと違ってきます。

7.動的治療期間

通常月1回くらいのペースで、 ワイヤーの調節や装置の交換などを行います。途中ブラケットが取れてしまうなどのハプニングが起きる場合がありますが、その時はその都度医院へ行って処置してもらいます。

8.保定期間

動的治療が終了すると、きれいに並んだ歯が後戻りをしないためにリテーナーという保定装置をつけます。通常3ヶ月から6ヶ月のペースで通院します。

9.終了

半年に一度くらいのペースで定期検診を受け、きれいになった歯並び、かみ合わせを維持していきましょう。

矯正治療の費用

矯正治療の費用矯正治療にかかる費用は、「いくら」とはっきり言えません。
人それぞれ症状は違いますし、使用する装置によっても違います。

費用の設定は、各医院によって違います。総額「いくら」と設定している医院の場合は、治療期間が長引いてもその金額以上はかかりませんが、基本「いくら」で毎月の調整費「いくら」という医院の場合は、治療期間が長引くほど治療費はかかります。

治療費に関しても初診・相談に行った時によ〜く説明してもらいましょう。

デーモンシステム

最近この「デーモンシステム」という言葉を耳にしませんか?
このデーモンシステムは、最新の矯正歯科の治療法です。
この治療法の特徴は、「治療期間と通院数の短縮」「矯正治療の痛みの軽減」「抜歯の可能性の減少」「メンテナンスのしやすい装置」「歯周組織が綺麗になる」などがあげられます。

外科矯正治療の簡単な流れ

下記の外科矯正治療の流れは、一般的なもので、患者さんの状態や医院などの方針などで変わってきます。
あくまでも参考資料としてご覧になってくださいね!

1.術前矯正

1年〜3年くらい治療を行います。歯並びの状態によっても期間は全然違います。

2.外科手術

平均2週間〜3週間くらいの入院です。

3.術後矯正

数ヶ月から人それぞれの症状・状態によって治療を行います。

4.プレート除去手術

外科手術後半年後から1年後くらいに行います。

5.保定期間

きれいに並んだ歯が後戻りをしないために。

もっと知りたい外科矯正

もっと知りたい外科矯正装置だけの矯正治療を受けるだけでも不安なのに、それプラス外科手術となるともっともっと不安になりますよね。
そんな不安を少しでもなくしてもらうために、「もっと知りたい外科矯正」をアップしてみました。
なお、治療内容は、医院・医師の考え方や治療方針、患者さんの症状によっても違ってきますので、参考資料としてご覧になってください。
また、何度も言うようですが、管理人の私は医療関係者ではないので、不適切な表現などがある場合もあります。
あきらかに医学的に違う、、、というようなことがありましたらこちらからご連絡ください。
速やかに訂正いたします。

どのような症状の場合に外科手術をするの?

回答受け口や出っ歯、開咬などの顎変形症の場合、装置だけの矯正では機能や審美的障害は改善されません。そのような場合は、外科手術で治します。

どこの病院に行ったらいいの?先に矯正歯科に行くの?口腔外科に行くの?

回答もし手術を受ける必要がある場合は、術前矯正(手術を受ける前にする矯正治療)をすることになるので、そのことを考えると矯正歯科を先に受診したほうがいいのかな?と思います。本当に外科手術が必要なのか、装置だけの矯正で治るのか、検査しないとわからないですし。矯正歯科を先に受診し、外科手術が必要と判断された場合、その医院で外科手術を受ける病院を紹介してもらうわけですが、早いうちに一度手術を受ける病院を受診することをオススメします。矯正歯科医院の探し方ですが、近所の評判を聞いたり、電話帳で調べたり、ネットで探したりといろいろと方法はあります。ひとつの医院に相談するだけでなく、いくつかの医院をまわってみるのもいいでしょう。自分に合った医院を探すことがとても重要です。相談に行った医院では、矯正治療を受けた人のうち、どのくらいの人が外科手術対象の患者さんなのか聞いたり、症例写真を見せてもらえるようお願いしてみるのもいいかもしれません。

どのような場合に上下の顎の手術をするのでしょうか?

回答上顎が変形している場合には、受け口でも上下顎の手術になります。例えば、上顎が曲がっている場合、上顎が出ている場合、開咬の場合、下顎だけでは移動量が大きすぎる場合、非対称の場合などがあげられます。

入院するまでに検査とか、準備とかあるの?どのような内容なの?

回答入院する少し前に入院前検査を受けます。検査の内容は、尿検査、心電図、肺活量、血液検査、胸部レントゲン、CT撮影、血圧測定などです。この検査は全身麻酔をする上でも重要な検査です。また、手術中に多量の出血がある場合に備えて、自分の血液を輸血用に採血し貯めておくようです。手術の内容によっても違うようですが、通常400〜800mlくらい採血しておきます。この採血は、入院前に数回に分けて行います。

入院・手術費用ってどのくらいかかるの?

回答手術する箇所や入院期間によって違います。3割負担でだいたい30〜45万円と考えておくといいでしょう。人工的に骨折させた骨を止める「ビス」の種類によっては、もっと費用がかかってしまうようです。同一医療機関で1ヶ月の医療費の自己負担金が、一定の額を超えた場合、健康保険の保険者に申請すれば、差額分が返還されます。(高額療養費制度)詳しくは、こちらをご覧ください。

術後の後遺症って?

回答痺れや麻痺、耳鳴りなどの後遺症が出る場合もある言われています。手術によって、神経を切断してしまったりということはないようですが、神経の近くをいじるため、多少の痺れが後遺症として残る方もいるようです。この後遺症は、月日とともになくなってしまう方がほとんどのようですが、中には術後数年経っても残っている方もいるとのことです。ただ、普段の生活ではあまり気にならないようですよ。

術後は顔が腫れるの?術後の様子はどんな感じなの?

回答人工的に骨を骨折させるので、どうしても腫れは出てしまいます。ただ、この腫れ方は患者さんによって違い、ものすごく腫れる方もいれば、たいして腫れなくてすむ方もいます。腫れのピークは、術後3日目から5日目くらいで、その後は少しずつ引けてくるので、この時期は少しがまんですね。

もし手術日に生理になってしまったらどうするの?

回答事前にわかっている場合は、生理を遅らせる薬を飲むことも可能です。入院する病院の先生(もし先生に相談しにくいようであれば看護士)に相談するといいでしょう。もし突然生理になってしまった場合でも、ナプキンを使用して手術を受けられます。手術日を予約する際、生理日にあたらないよう考えるのもいいでしょう。

術後の顎間固定ってどのようなものなの?

回答人工的に骨を骨折させた形になりますので、安静にする必要があります。そのため、ワイヤーで上下の歯をきっちりと固定します。期間は2〜4週間くらいです。最近ではこの顎間固定をまったく行わない病院もあります。

術後の食事はどのようなもの?普通の食事をとれるのは術後どのくらいから?

回答病院・医師の方針によって違いますが、術後1週間ほどは鼻からチューブを入れ、そのチューブから経管流動食を入れる場合や、口から流動食を摂る場合もあります。普通の食事を摂ることが出来るのは、長く見て3週間〜1ヶ月と考えておくといいでしょう。術後は口があまり開きませんので、消化のいいものを小さくちぎって食べたりするなど、しばらくは食事には苦労があるかもしれませんね。

術後は口が大きく開けられないの?

回答術後は口が大きく開きません。これは、リハビリによって少しずつ開けられるようになります。

プレート除去手術って何?

回答使用するプレートの種類や手術をする病院や医師の方針によって違いますが、顎の手術後半年〜1年後くらいに、骨を固定したチタン製のプレートは除去することがあります。骨に吸収されてしまうプレートは除去手術を受ける必要はありませんが、まだまだ高額で強度もチタンプレートより劣ります。チタンプレートは除去しない場合もありますが、アレルギーが出ることもあったり、溶出、腐食の可能性もゼロではないようです。顎の手術を受ける時に、使用するプレートについて説明は詳しくしてもらいましょう。吸収されてしまうプレートとチタンプレートのメリット・デメリットはそれぞれ違いますからね。

ご案内

イチオシ歯科用品専門店
歯のエステ館イチオシの歯科用品専門ショップは「お口の専門店」。
種類も豊富で、価格も安く、お店の方の対応も◎。

歯について

デンタルケア用品

目的別デンタルケア用品

デンタルケア用品を比較

デンタルケア特集コーナー

オススメ!

リンク

歯の黄ばみ。気になりだしたら…
ホワイトニングのホワイエッセンス
全国の歯医者・歯科で輝く白い歯!

歯のエステ館

スポンサードリンク


スポンサードリンク