足の臭い 原因と対策|石鹸・クリーム・スプレー・魔法の粉

足の臭い 原因

足の臭い 原因

足の臭いの原因は、ズバリ!!汗です。

人よりもちょっと余分に汗を掻くだけなのに、その汗の対策がめちゃくちゃ厄介なんですよ!!

汗自体に臭いは無く、靴を履き続けることによって、靴内の温度が上がり、汗による湿度があるので、それによって雑菌が大繁殖するんです。

足の臭いは、これらの菌の死骸が原因と言われています。

その臭いにより臭くなった靴を履き続けることにより、足の裏の皮膚がふやけて、臭い臭いを吸収してしまうんです。

その臭い足の裏は、乾くと臭いがしなくなるんです。

質が悪いことに、乾いた足の裏は、お風呂に入って一生懸命洗っても、がっちがちに乾いているので、根こそぎ臭いを取るのが困難なんです。

靴だって、徐々に足の汗を吸収し、ひどくなると折角の革靴の表面に白いカビが生えてくるんです。

翌日、再び同じ靴を履くことで、足の裏の皮膚も再びふやけ、さらに臭い臭いとなって、靴の隙間から悪臭を放ち始めます。

このように、足の裏も臭さを増し、履いている靴もさらに臭くなるというスパイラルに陥ってしまうんです。

日に日に足の裏と靴は、臭さを増し続けていくんです。

ちょっと余分に、人よりも汗を掻くだけで、足の裏も靴もドンドンドンドン臭くなってしまうんですよ!!

ということは、足の汗を抑えて、靴の中の温度を上げないようにできれば、雑菌の繁殖も減り、雑菌の死骸だって減るはずです。

ところが、これが困難なんですよ!!

ここまで足の臭いに詳しい人は、専門家の中にも少ないと思います。

現に私は、自分の足の臭いに悩み続け、色々なサイトを検索してきましたから。


恐らく専門家の多くは、自分自身の足の臭いで悩んだことがある人は少ないのではないかと思います。

自称、世界一足が臭い、私の意見がとても参考になるのではないかと思います。


足の臭い 対策

足の臭い 対策

足が臭いと、足の臭い対策をする時、安易に足の消臭スプレーを、靴下を履いている足に振りかけませんでしたか!?

抗菌靴下なども試してみたけど、全く効果が無かったと思いませんでしたか?

後、靴の中敷きなんかも初心者の方がよく試す方法ですよね!?

でも、抗菌靴下や靴の中敷きに効果が無いかなんて、本人には殆どわからないことなんです。

周りがいくら臭がっていても、臭いを発している本人は、その臭い自体を感じることはできないことなんですから。

多くの人は、自分の足の臭いに気が付いた時、徐に足の消臭スプレーを購入し、それを足に振りかけるんですよ!!

でも、そんなことをすると、足の臭い臭いと足の消臭スプレーが混ざり合い、何とも言えないような悪臭になってしまうんですよ!!

さらに、足の消臭スプレーを靴下に振りかけることで、靴下はドンドン湿気を帯びてしまいます。


足の臭い 対策

臭いが気になればなるほど、さらに消臭スプレーを振りかけるので、もう履いている靴下はビチョビチョ状態になってしまいます。

これでは、とてもではありませんが、足がにおわなくなるわけがありません。

満員電車に乗っていても、誰かの足の消臭スプレーの臭いが不快な時ってありませんか!?

あれは、消臭スプレーをかけ過ぎて、靴下が湿った時の臭いなんですよ。

生乾きの臭いと、消臭スプレーの臭いが混ざりあい、とてつも無い状態になっているんです。

だったらどうすればいいか!?

物事には順番があるんですよ!!

足の臭い 対策1 魔法の粉

足の臭い 魔法の粉

まずは、魔法の粉で靴の中の湿気と臭いを取るんです。

魔法の粉というのは、当サイトでも一押しの言わずと知れた、グランズレメディなんですよ!!

グランズレメディのどこが魔法の粉かというと、グランズレメディは靴の中の湿気を取り、臭い臭いも吸収してくれるところが、魔法の粉と言われる所以なんですよ!!

足の臭い 対策2 靴

足の臭い 対策 靴

靴の臭いを取るには、1日履いた靴を2,3日休ませてあげることが重要です。

いくらグランズレメディを振っていたとしても、毎日その靴を履いていたのでは、靴の湿気が取れる時が無くなってしまいます。

1日履いた靴を2,3日休ませてあげることで、その間に靴の中の湿気が取れるんです。

理想は、3足位を順番に履くようにすればいいと思いますが、最低でも2足は交互に履けるようにしたいところです。

また、革靴は湿気が特に相性が悪いので、足の臭い対策には皮ではない靴で、対策をするべきです。

足の臭い 対策3 石鹸

同時進行で、足の裏の臭いと、足の爪の間の臭いを取らなければなりません。


足の裏の臭い

足の裏は、靴を履き続けることにより、ふやけて蒸れ始めます。

その時、靴の中は臭いので、その臭いが足の裏にしみこんでしまいます。

仕事が終わり、家に着いてからお風呂に入る時、足がふやけたままの常態ならそのまま洗えばいいですが、もしも乾いて硬くなっていると、簡単には臭いを落とせません。

1度熱いお湯に両足を浸けて、ふやかす必要があるんです。


足のつま先の臭い

足が臭い人は、誰もが心当たりがあると思いますが、足の爪の臭いというのは、とてつもなく臭いはずです。

爪を切った時、自分の爪の臭いは不快ではないため、あまりの臭さに喜んで、何回も何回も鼻先に持っていき、自分の足の爪の臭いを楽しんだことがあるのではないでしょうか!?

しかし、他人にとっては物凄く不快な臭いです。

しっかりと爪を切り、いつも清潔に心がけることが必要です。


足の裏とつま先を洗うには、加齢臭用の石鹸が最適です。

加齢臭用の石鹸は、普通の石鹸に比べると、物凄い洗浄力なので、臭い臭いを根こそぎ落としてくれます。

加齢臭というのは、ノネナールという非常にしつこい落ちにくい物質が、中年になってくると皮膚から分泌してきます。

そのしつこい脂を落とすことができる加齢臭石鹸が、足の汚れや臭いを取るのに最適なんです。

加齢臭は、耳の裏から出るとか言われていますが、そんなもんではありません。

汗を掻くすべての場所から加齢臭は出てくる可能性があるんです。

だから、できれば全身を加齢臭石鹸で洗うことが重要なんです。

先ほど、自分の臭いは自分では殆どわからないと言いました。

自分では足の臭いが原因で周りの人は臭がっているとばかり思っていたものが、実は全然違うところが原因だったということが往々にしてあるんですよ。

だから、足の臭いだと自分で勝手に判断をしてしまい、対策をしてみたところで、全然見当違いになる可能性もあるんです。

だから、加齢臭が出る歳ではないかもしれませんが、汚れ落としが強力な加齢臭石鹸が必要なんです。

ノネナールがどれほど落としづらいかというと、手についたコールタールを落とすくらい落としづらいんです。


コールタールを手に付けたことが無い人が殆どかもしれませんが、ちょっとやそっとでは落とすことが出来ないしつこい脂だと思ってください。


以上の対応をしばらく続けていくうちに、靴の臭いも治まり、足自体の臭いも治まってきます。

これで十分に気にならないレベルにまで達したら、もうこれでOKです。

足の臭い 対策4 足の臭い取りクリーム・靴の中敷き・足の消臭スプレー

しかし、未だ足の臭いが気になるようなら、この時から初めて消臭靴下や足の臭い取りクリーム、靴の中敷き等を使ってみるんです。

最近では、益々それらの足の臭い対策グッズが発展してきているので、以前よりは大分将来の展望が明るくなってきました。

昔は全くと言って良いほど、効果が無いと思っていた足の消臭スプレーも、最近ではとても優秀なものが販売されるようになったので、1度それらも試してみてはいかがでしょう?

でも、それらを使うのは、あくまでも足の臭い対策1〜3で、足の臭いと靴が人並みに臭わない状態にしてからでないと、もう何が何だかわからなくなる恐れがありますよ!!


対策グッズ|足の臭い・手汗・わきが・口臭・加齢臭

関連ページ

グランズレメディ 最安値・楽天・使い方・危険性
グランズレメディを最安値で購入するには、楽天で購入するのが一番です。グランズレメディの使い方は14年以上使用している私が要点を解説します。危険性に関しては・・・